ここから本文です

メルカリ時代の新サービス。ぴあ公式の「チケット転売サイト」が6月スタート

ホウドウキョク 5/14(日) 11:30配信

5月10日、ぴあ株式会社が運営する公式のチケットトレードサイトが仮オープンした。これは、購入済のイベントチケットを、定価で「2次売買」することができるサイトだ。まずは、サイトについて詳しく見ていこう。

この記事の動画を見る

安全の確保とトラブル対策

1. チケットはすべて券面金額で出品
会員登録時に本人確認を行うことで、出品者も購入者も安心して取引ができる。

2. 代金のやり取りは、すべてチケトレ運営事務局が仲介
公演終了後までチケトレが代金を預かることで、出品者と購入者間の金銭トラブルを防止する。

3. 購入成立後は、取引ナビでチケットの発送から受取までのやり取りをサポート

4. トラブル対策
〇偽造チケット
〇出品者都合によるチケット未着
〇出品者都合によるチケット紛失・破損
などの事由により公演に入場できなかった場合、チケトレ運営事務局にて取引をキャンセル。購入者にチケット代金と取引に関わる手数料を全額返金するという。

出品者と購入者、それぞれの負担

出品者は、チケット券面金額の10%(3999円以下は一律400円)と、送金手数料380円を負担。そして購入者は、チケット券面金額の10%(3999円以下は一律400円)と、チケット券面額の3%の決済手数料を負担する。
※オープン当初のキャンペーン期間は、出品者の取引手数料のみ0%になる(料金はすべて税込)。

具体例をあげると・・・

仮に5000円のチケットを出品・販売した場合の収益は、
5000円-500円(取引手数料)-380円(送金手数料)=4120円

購入者の支払額は、
5000円+500円(取引手数料)+150円(決済手数料)=5650円
となるということだ。

なお、このサービスの正式オープンは6月1日、昼12時を予定している。

「チケトレ」では満たせない需要

鈴木理香子アナウンサー
古市さん、このシステムをどうみますか?

古市憲寿
オークションサイトとかメルカリとか、チケットはたくさん出品されているでしょ。これって2つ理由があって、1つは行けなくなった人が行きたい人に渡すというマッチングが起こっている。

でも本当はもう1つ理由があって、最前列で見たいからいくらでもお金出すとか、そういう理由もあると思います。普通にチケット買っちゃうと、何列目とかわからない場合も多いじゃないですか。最前列で見たいのに後ろの方になってたりとか。「10万円を払ってでも最前列で見たい!」という需要は結構あるから、高値で売られているチケットも多いわけです。

そういう需要は満たしていないので、無いよりはあったほうがいいと思いますけど、これだけで解決できる問題なのかというと違うんじゃないかなと思います。

鈴木
ナガハシさんはどうですか?

K.ナガハシ(ロケットニュース24)
買い占めによって本当に観たい人が、観れないというのが一番問題だと思います。さらに最前列で観たいという人のための、料金だとか、席が選べるようなものがあればいいですよね。

5/10放送ホウドウキョク×FLAG7より

最終更新:5/14(日) 11:30

ホウドウキョク