ここから本文です

浦和、ミニゲームで調整 14日新潟戦、3連敗中も好転の足掛かりへ

埼玉新聞 5/14(日) 5:20配信

 勝ち点19で2位の浦和は14日、同5で17位の新潟と敵地で顔を合わせる(14時・デンカ)。チームは試合前日の13日、大原サッカー場で約1時間の最終調整を行った。

 激しい雨が降りしきる中、試合前日恒例の11対11のミニゲームでは、主力組のワントップにラファエルシルバ、シャドーに李と武藤、ボランチは青木と阿部が組んだ。ワイドは右に駒井、左に関根、3バックは右から宇賀神、遠藤、槙野が並び、GKに西川が入った。

 興梠、那須、ズラタン、高木は実戦形式には加わらず、ダッシュなどの別メニュー調整で翌日に備え、前日は室内調整だった柏木はサブ組のボランチでプレーした。

 現在リーグ2連敗を含め、公式戦3連敗中とブレーキがかかっている。

 今月末にはアジア・チャンピオンズリーグの決勝トーナメント1回戦で済州(韓国)との対戦が控えるだけに、リーグ戦では2006年7月19日から負けていない新潟戦を好転の足掛かりにしたいところ。ミシャ監督は「チーム一丸となって、今の状況を乗り越えるために全力で戦うだけだ」と意気込みを示した。

最終更新:5/14(日) 5:20

埼玉新聞

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合