ここから本文です

復活「レビン」は「雷凌」 「上海モーターショー」のユニーク車名、懐かし車名

乗りものニュース 5/14(日) 11:14配信

中国での車名、名づけのセンスが素晴らしい!

 2017年4月19日(水)からスタートした「上海モーターショー」、筆者(加藤久美子:自動車ライター)が取材に訪れたその会場にて、懐かしい車名、すばらしくセンスの良い車名、日本ではほとんど知られていない中国メーカーの誇り高き車名など、由来を知りたくなる車名に次々と遭遇しました。まずは思わずうなってしまうような車名からご紹介してみましょう。

【図】記事中で代替した文字の正式な簡体字表記

 なお、記事中「※」が添えられたものは、本来の中国語の簡体字表記とは異なる、日本語の漢字に当てはめた表記などです。正しい表記は別添の画像にて。また、漢字の解釈は、あくまで日本語での意味をベースとした筆者の解釈です。

「蘭徳酷路沢」(※1)

「蘭徳酷路沢」は「ランドクルーザー」です。とくに、「酷路沢」の部分、カタカナで表記すると「クルザー」といった感じに近い発音をするので、音もほぼあっていますし、日本人でもわかる漢字の意味に静かな感動を覚えます。「ひどい悪路や沢も走れる車」という意味を持たせているのでしょう。「蘭徳」も、なんだかありがたい意味の漢字のようです。

「雨燕」

 こちら、日本でいうところのスズキ「スイフト」です。「スイフト」という車名は、長きにわたって「カルタス」の輸出名でしたので、中国を含む海外ではなじみのある車名です。英語で「軽快、素早い」を意味する「swift」は、中国語では「雨燕」となります。

「雷克薩斯」(※2)

 これはなかなかの難読。中国でも大人気の「レクサス」です。ちなみに、「レクサス」が中国に本格進出する前は「凌志」という中国名が浸透していました。雲をはるかにしのぐほど高い志、を意味する「凌雲壮志」という4字熟語からとられたもので、世界の高級車「レクサス」にふさわしい、素晴らしいブランド名でした。しかし、中国進出以降、商標の関係で「凌志」は使えなくなったようで、現在の「雷克薩斯」となった経緯があります。これも音と意味をうまくミックスさせたブランド名です。発音は「レイクサス」と、「レクサス」に近いものがあります。

1/4ページ

最終更新:5/14(日) 11:49

乗りものニュース