ここから本文です

Galaxy S8の「iPhone 7にはない新機能10」

BUSINESS INSIDER JAPAN 5/14(日) 20:10配信

サムスンの最新モデル、Galaxy S8はiPhone 7にはない多彩な機能を持っている。iPhone 7は(ソフトウエアを含めたトータルな使い勝手で)まだGalaxy S8に対して、若干の優位性を保っているが、ライバルのS8に負けている点も多い。

Galaxy S8のiPhone 7にはない特徴を見ていこう。

1:虹彩認証で本体やフォルダーのロックを解除。

サムスンによると、指紋認証よりも安全性が高い。iPhone 7は指紋認証のみ。

2:大きな画面。S8は5.8インチ、S8+は6.2インチ。

iPhone 7と比較すると:iPhone 7は4.7インチ、iPhone 7 Plusは5.5インチ。

3:ワイヤレス充電や急速充電にも対応。

iPhone 7はワイヤレス充電には未対応、急速充電機能もない。

4:ごく普通のイヤホンが使える。ありがとう!

アップルは、iPhone 7でイヤホンジャックを廃止した。通常のイヤホンを使う場合は、専用アダプターが必要。

5:サムスンペイは(米国では)通常のクレジットカード・リーダーで利用できる。

アップルペイのように、NFCカードリーダーが必要なケースはない(編集部注:サムスンペイは日本には未上陸)。

6:S8はOculusと共同開発したVRソフトウエアを搭載。

iPhoneは、グーグルのカードボードなどのVRヘッドセットが利用可能だが、本格的なものではなく、コンテンツも非常に限られている。

7:背面には心拍センサーを搭載。

いつでもどこでも心拍数を測定できる。iPhone 7では、Apple Watchや他の製品を購入する必要がある。

8:専用ドックを使ってモニターやキーボード、マウスを接続すれば、PCのように使える。

この機能はまだ検証できていないが、法人ユーザーには大きなメリットになるだろう。iPhone 7は、画面をそのまま外部モニターに映し出せるだけだ。

9:デジタルアシスタント「Bixby」は、撮影した写真でECサイトや近くの店舗などを検索してくれる。

Siriには、このようなスマートカメラ機能はない。

10:S8のディスプレイはより省電力かつ豊かな色彩を実現。

S8は、OLED(有機EL)ディスプレイを採用。iPhone 7の液晶ディスプレイは見劣りしてしまう。


[原文: 10 things the Samsung Galaxy S8 can do that the iPhone can't]

(翻訳者:時田雅子)

最終更新:5/14(日) 20:10

BUSINESS INSIDER JAPAN