ここから本文です

J2長崎、千葉に0-5 チーム最多失点で9位に後退

長崎新聞 5/14(日) 9:32配信

 明治安田J2第13節(13日・フクダ電子アリーナほか=11試合)V・ファーレン長崎は千葉に0-5で敗れた。2013年のJ2参入以降、チーム最多失点。通算成績は6勝2分け5敗(勝ち点20)で、前節の6位から9位に後退した。

 湘南が熊本を1-0で破り、勝ち点27で首位に浮上。横浜FCは水戸と0-0で引き分け、同25で2位に後退した。前節5位の福岡が岡山に1-0で競り勝って3位に上がり、前節3位の名古屋は大分に1-4で敗れて6位に転落した。

 V長崎は前半6分、相手CKから千葉のFW船山に折り返しを押し込まれて失点。後半1分はFW清武、指宿の連係から清武に追加点を許した。V長崎は同6分、MF飯尾のスルーパスに反応したMF澤田がシュートを放ったが、ポストに嫌われた。その後は清武に3、4点目を献上。最後に自陣でのパスミスから船山にダメ押しの5点目を決められた。

 第14節は17日、各地で11試合を実施。V長崎は午後7時から、諫早市のトランスコスモススタジアム長崎で大分と対戦する。

長崎新聞社

最終更新:5/14(日) 9:59

長崎新聞