ここから本文です

「iTunes」がWindows Storeアプリとして年末までにリリースへ

ギズモード・ジャパン 5/14(日) 21:10配信

時代は変わりましたね。

現在Microsoft(マイクロソフト)が開催中のイベント「Build 2017」にて、楽曲管理アプリ「iTunes」が年末までにWindows Storeでリリースされることが発表されました。

iTunesといえば、これまで単体アプリとしてApple(アップル)が配布していました。しかしWindows Storeでの配布が開始されれば、わざわざAppleのウェブサイトからiTunesのリンクを探してダウンロードする必要もなくなります。なお、単体アプリとWindows Store向けアプリに機能差があるのかどうかは不明です。

さらに今後、Windows Storeのアプリしか利用できない「Windows 10 S」が搭載された「Surface Laptop」でもiTunesが利用できるようになるなど、メリット盛りだくさん。これは見逃せません。

それにしても、かつて単体アプリとして「使いたければ勝手に使えば…」程度の扱いだったiTunesがWindows Storeのアプリとして登場するとは、時代は変わったものです。Microsoftはつい先日には「Visual Studio for Mac」の正式版をリリースしていますし、もはやMicrosoft vs Appleという時代ではないのかもしれませんね。

image: fdecomite / Flickr / Adapted.
source: Windows - Twitter
reference: Cult of Mac

(塚本直樹)

最終更新:5/14(日) 21:10

ギズモード・ジャパン