ここから本文です

吉本実憂、タカ始球式でワンバン「悔しかった。曲がっちゃった」西内まりやの体調不良で代打

5/14(日) 13:49配信

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-楽天(14日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクが「タカガールデー」として開催した試合で、福岡県出身の女優吉本実憂が始球式を務めた。始球式は3度目で、ヤフオクドームでは初めて。来場した女性にも配布されたピンクユニホームの左胸に「鷹」と書き込み気合十分でマウンドに上がったが、打者の左に大きく外れるワンバウンド投球となった。「悔しかった。距離は届いていたけど、曲がっちゃったので。ボールはワンバンで悔しいけど、気持ちは120パーセント伝えました」と勝利を祈った。この日の始球式は福岡県出身の女優で「タカガールアンバサダー」の西内まりやが務める予定だったが、体調不良のため吉本が代役で登板した。

【写真】指原莉乃が始球式「ノーバンで行きます」宣言も失敗

 タカガールデーでは乳がんの撲滅、検診の早期受診を推進するピンクリボン活動に協力しており、試合前に選手、妻を乳がんでなくしている鳥越内野守備走塁コーチが啓発活動を行った。

西日本スポーツ

最終更新:5/14(日) 17:39
西日本スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/26(月) 23:05