ここから本文です

EURO制覇経験者もバルセロナでプレイするにふさわしくない!? サポーターが“放出望む4選手“とは

5/14(日) 10:50配信

theWORLD(ザ・ワールド)

期待に応えられず

バルセロナでプレイするには不十分だったのだろうか。サポーターが今夏にも手放してほしいと考えている選手が4名いるようだ。

イニエスタが自身の去就に言及

スペイン『MARCA』のおこなった調査によると、その4人とはアンドレ・ゴメス、アルダ・トゥラン、ジェレミー・マテュー、ジョルディ・マシップだ。最も残念なのはゴメスだろう。ゴメスは昨年7月に期待を背負って加入したが、ここまで全く期待に応えられていない。今でもバルセロナはベテランの域に入ったアンドレス・イニエスタに頼っている部分が多く、昨夏豪華な補強に動いた割に中盤の状況はあまり変わっていない。

アルダも一時はインサイドハーフ、MSNの代役としてサイドも任せられると期待されたが、その活躍は不十分だ。アトレティコ・マドリードでのプレイを見ているだけに、サポーターも納得できないところが多いはずだ。

センターバック、サイドバックの両方をこなすマテューも衰えが見えてきており、チャンピオンズリーグのユヴェントス戦ではファン・クアドラードにぶっちぎられるシーンもあった。これにはサポーターからも指揮官ルイス・エンリケのミスだとの批判が起こり、もはやマテューはバルセロナの最終ラインを任せられるレベルの選手ではない。4人目のマシップは少し状況が異なり、控えのGKということもあって全く試合に出ていない。

この4人の中では23歳のゴメスが評価されていないのは残念なところで、3500万ユーロの移籍金を無駄にしてしまった感がある。バルセロナは今夏もチームに手を加える必要があるが、この4人は不要な選手として手放すべきか。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合