ここから本文です

意外にも初制覇!? チェルシーDF「優勝することが夢だったんだ」

theWORLD(ザ・ワールド) 5/14(日) 11:01配信

パリ・サンジェルマンより帰ってきたD・ルイス

チェルシーは12日にイングランド・プレミアリーグ第37節で、ウェストブロムウィッチ・アルビオンに勝利し、2シーズンぶりの優勝を決めた。

2011年から2014年にもチェルシーに在籍していたDFダビド・ルイスだが、今回がプレミアリーグ初制覇となった。チェルシーではUEFAチャンピオンズリーグ優勝の経験はあるものの、リーグ制覇はできず、パリ・サンジェルマンへと移籍していた。今季アントニオ・コンテ監督の要望により、ロンドンに帰ってきたD・ルイスは試合後、優勝が夢だったと語った。同選手のコメントを英『DAILY STAR』が伝えている。

「とてもとても幸せだよ。初のプレミアリーグ制覇だ。戻ってくる決断をしたとき、プレミアリーグ優勝することが夢だったんだ。夢が叶えられたからとても嬉しいよ。今夜は素晴らしい試合になったね。この瞬間を手に入れるために毎日ハードワークしてきたよ」

D・ルイスは今シーズン3バックの中央でプレイし、チェルシーの守備を統括してきた。コンテ監督のスタイルは、D・ルイス無しでは実現し得なかっただろう。

https://www.theworldmagazine.jp

最終更新:5/14(日) 11:01

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合