ここから本文です

今季はケガに悩まされるが…… ボルシアMG、“サイドの要”ファビアン・ジョンソンと契約延長

5/14(日) 16:55配信

theWORLD(ザ・ワールド)

2020年6月まで延長

ボルシアMGは11日、アメリカ代表MFファビアン・ジョンソンとの契約を2020年6月まで延長したことを発表した。

サイドハーフやサイドバックなど複数のポジションをこなせる現在29歳のジョンソンは、ヴォルフスブルクやホッフェンハイムなどを経て2014年にボルシアMGへ加入。同クラブでは通算100試合に出場し、13ゴールを記録している。今季は負傷により、リーグ戦では19試合の出場にとどまっていたが、これまでの活躍が認められ、契約延長にこぎつけた。

クラブの公式サイトによると、そんなジョンソンについてスポーツディレクターを務めるマックス・エバール氏は「ファビアンはマルチなプレイヤーで、チームにとって欠かせない選手のひとりだ。さらに3年間、ともに過ごせることが嬉しいよ」とコメント。

ジョンソン本人も「偉大なクラブでプレイし続けられるのは素晴らしいことだ。ホッフェンハイムからボルシアMGへ移籍した3年前、国際舞台で戦うことと自分をさらに成長させることを目標にしていた。これらを叶えるために、ボルシアMGでプレイし続けられることを非常に嬉しく思っているよ」と喜びを語っている。

http://www.theworldmagazine.jp/