ここから本文です

楽天茂木が自身初のグランドスラム 今季32試合目で1年目を上回る8号弾

5/14(日) 14:53配信

Full-Count

1年目の昨年は7本塁打、銀次にも2ランが飛び出し7点差に

 楽天の茂木栄五郎内野手が、自身初となるグランドスラムを放った。14日のソフトバンク戦(ヤフオクD)。5回に、リードを大きく広げる値千金の満塁弾を放った。

 1点リードで迎えた5回。先頭の島内が左中間への二塁打で出塁し、岡島が中前安打でつなぐ。嶋が四球を選んで無死満塁として打席に入った茂木が大きな仕事をやってのけた。2ボール2ストライクからの6球目。ソフトバンク先発の寺原が投じたスライダーが抜けたのを逃さなかった。外角高めのボールをはじき返すと、打球は左翼ホームランテラス席へ。リードを5点に広げ、ここまで無失点と好投していた先発の岸に大きな援護をプレゼントした。

 ルーキーイヤーの昨季は7本塁打だった茂木。今季32試合目にして、自身最多を早くも更新する8号は記念すべき初の満塁弾となった。ソフトバンク先発の寺原はここで降板。5回途中5失点でKOとなった。

 その後、銀次にも2ランが飛び出し、楽天は7-0と大きくリードを広げた。

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

最終更新:5/14(日) 14:53
Full-Count