ここから本文です

広島の名手・菊池が今季初失策も…代打・村田が遊ゴロで失点にはつながらず

5/14(日) 15:21配信

Full-Count

俊足・重信のゴロを捕球できず

 広島の菊池涼介内野手が14日の本拠地・巨人戦で今季初失策を記録した。

 1-1の同点で迎えた6回。先頭・重信のボテボテのゴロを前進してつかもうとしたが、グラブに収めることができず。俊足で名手の失策を誘った重信が一塁を駆け抜けた。

 昨年はわずか4失策。4年連続ゴールデングラブ賞に輝いている菊池は、これが今季初の失策。重信は坂本、阿部の内野ゴロで三塁まで進み、マギーと代打・亀井が四球で2死満塁となるも、最後は九里が代打・村田を遊ゴロに打ち取り、無失点で切り抜けた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5/14(日) 15:25
Full-Count

スポーツナビ 野球情報