ここから本文です

日ハム・メンドーサ、清田へ頭部死球で危険球退場 栗山監督が飛び出すも…

5/14(日) 15:28配信

Full-Count

審判が清田の状態を確認してからデッドボールと判定

 日本ハムのルイス・メンドーサ投手が14日、東京ドームでのロッテ戦で危険球退場となった。

 2-2の同点で迎えた5回だった。2死走者なしで、1ボール1ストライクからの3球目が抜け、打者・清田の頭部付近に。清田は倒れ込みながらボールを避けようとし、捕手大野がボールを掴んだ。

 球審は清田の状況を確認してから、ヘルメットにボールが当たっていたとしてデッドボールの判定。メンドーサは困惑の表情を見せた。栗山監督がベンチから飛び出すも、その後、場内アナウンスで危険球による退場と説明された。

 日本ハムは2番手として左腕エスコバーが登板。続く柴田が初球デッドボールで場内は騒然となったが、続く鈴木は一ゴロでチェンジとなった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5/14(日) 16:02
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/26(月) 11:40