ここから本文です

レアル・10番“さようなら“!? スペイン紙はセビージャ戦が最後のベルナベウかと予想

5/14(日) 20:12配信

theWORLD(ザ・ワールド)

今夏に退団する可能性も

レアル・マドリードの10番を背負うコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスにとって、最後のサンティアゴ・ベルナベウとなるのだろうか。

EURO制覇経験者もバルセロナでプレイするにふさわしくない!?

リーガ・エスパニョーラもいよいよ大詰めを迎え、勝ち点84で首位のバルセロナは残り2試合、同勝ち点で2位のレアルは残り3試合となった。レアルは14日に行われるセビージャ戦が今季最後のホームゲームで、今季限りでクラブを離れる選手にとっては最後のサンティアゴ・ベルナベウだ。

スペイン『MARCA』は、「ハメスがさようならを言うことになるかもしれない」と伝えており、ベルナベウでハメスの10番が見られるのは最後かもしれない。ハメスはここ最近好パフォーマンスを見せているが、それでもサブ組との立場は変わらない。イスコ、マルコ・アセンシオなど中盤にはライバルも多く、このままチームに残っても出場機会が増えるかは不透明だ。

最近もマンチェスター・ユナイテッド行きが報じられるなど、今夏に退団するとの見方もある。同メディアはベルナベウでのセビージャ戦がサポーターに幸せを届ける最後のチャンスになるかもしれないと伝えており、10番を背負う男のパフォーマンスに期待をかけている。

また、セビージャはハメスにとって得意な相手でもある。レアル加入以降のセビージャ戦8試合で4得点を記録しており、もう1度輝きを放てるかもしれない。まだ今夏の動きが決まったわけではないが、サポーターはこれが最後になる可能性を考えておくべきだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報