ここから本文です

古坂大魔王、ジャスティン・ビーバーとのCM撮影場所は「トップシークレット」

AbemaTIMES 5/14(日) 16:00配信

 スピードワゴンの井戸田順(45)と小沢一敬(44)がMCを務めるAbemaSPECIALチャンネルで放送された『スピードワゴンの月曜The NIGHT』に、ピコ太郎の“プロデューサー”こと古坂大魔王(43)がゲスト出演。世界的歌手であるジャスティン・ビーバーがピコ太郎を拡散した際の秘話や、ジャスティン来日時のエピソードを語った。

 ピコ太郎を一気に広めたのがジャスティンのツイートというのは有名な話だが、実はジャスティンは基本的に、自分の推しを明らかにしない方針という。古坂は「ジャスティン、いまフォロワー1億人くらいいるんじゃないかな、どの国王よりも上。だから、そのツイートにはとてつもない効果がある」と説明。そんな中、「ジャスティンの身近な人がピコ太郎の動画をジャスティンに見せて、それからテキスト化するかどうか会議をしてツイートしてくれた」と告白。感謝をにじませた。

 ピコ太郎とジャスティンはCMで共演。その場所について「都内某所。アメリカとかは(制約が)いろいろあんの」と口を閉ざし、トップシークレットであることを主張。ジャスティンがどう動いたかを言うのは、次からも同じルートを使う場合に支障が出るためと語った。

 CM撮影のリハーサルにはスタントマンが用意されており、ピコ太郎が参加しなくてもいい状態になっていたとのこと。古坂を仰天させたのはスタントマンの体格。「(身長186cm体重90kgの)同じ体格の同じような顔した人がいたわけ。よく探したなと」と、感心したと明かした。(AbemaTV/『スピードワゴンの月曜The NIGHT』)

最終更新:5/14(日) 16:00

AbemaTIMES