ここから本文です

楽天圧勝でソフトBと再び2.5差 梨田監督は3勝目の岸を絶賛「完璧だった」

5/14(日) 17:27配信

Full-Count

2位ソフトBに連敗せず、茂木のキャリア初満塁弾には「あれである程度勝利」

 楽天は12安打9得点と打線が爆発して圧勝した。14日のソフトバンク戦(ヤフオクD)。茂木の自身初となるグランドスラムなど3本塁打が出て9-2で大勝。2位・ソフトバンクとの差を再び2.5ゲーム差に広げ、梨田昌孝監督は「1つ勝って、五分に出来たのは良かったね」と表情を綻ばせた。

【ハイライト動画】自身初のグランドスラムとなる8号満塁弾を放った楽天・茂木栄五郎

 初回2死からウィーラーが4号ソロを放って1点を先制すると、5回にはビッグイニングを作り出した。相手の先発・寺原を攻め立て、無死満塁のチャンスを作ると、茂木が8号満塁弾。2ボール2ストライクからの6球目、外角高めに浮いたスライダーを押し込み、逆方向へ運んだ。

 左翼フェンスの最上部に当たり、ホームランテラス席へと飛び込んだ。指揮官も「逆方向に、追い込まれながら、押し込んだね。岸にとっては、あれである程度勝利に(近づいた)というところ」と目を見張る一発が、勝利を大きく引き寄せた。

 さらには、銀次にも2号2ランが飛び出し、この回一挙に6得点。7回にも2点を追加した。

 先発の岸は、6回までソフトバンク打線を全く寄せ付けず、わずか2安打に封じた、疲れの見えた7回に2本の内野安打や犠飛で1点を失ったが、失点はこれだけ。7回4安打1失点で無傷の3勝目をマークした右腕に、指揮官は「完璧だったね。7回は疲れが出たのか、上ずっていたけどね」と賛辞を惜しまなかった。

 13日の試合では接戦の末に競り負けたが、2位との直接対決での連敗は免れた。貯金は再び今季最多の14に。楽天が、がっちりと首位を守った。

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

最終更新:5/14(日) 17:31
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/19(火) 23:40