ここから本文です

「最も重要な会議」北京で開幕

ホウドウキョク 5/14(日) 16:21配信

中国が推進する現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」をテーマとする初の国際会議が14日、北京で開幕した。
中国・習近平国家主席は「(一帯一路が対決の)ホットポイントにならないよう、政治解決を堅持すべきだ」と述べた。
一帯一路は、中国からヨーロッパに延びる一大経済圏を作る構想で、ロシアなど29カ国の首脳のほか、130カ国以上の代表団が参加している。
開幕式で習主席は、シルクロード基金に日本円で1兆6,000億円余りを新たに拠出すると明らかにしたうえで、「ウィン・ウィンの核心的な新型の国際関係を構築しなければならない」と強調した。
一方で中国政府は、今回の会議を2017年の最も重要な会議と位置づけていることから、北朝鮮がこの日にミサイルを発射したことに、いら立ちを強めているとみられる。

最終更新:5/14(日) 16:21

ホウドウキョク