ここから本文です

川崎がCSベスト4入り、SR渋谷を寄せつけず16点差の勝利

5/14(日) 16:23配信

バスケットボールキング

 5月14日にB.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2016-17のクォーターファイナル第2戦がトッケイセキュリティ平塚総合体育館で行われ、中地区1位の川崎ブレイブサンダースがワイルドカード下位のサンロッカーズ渋谷と対戦した。

 第1クォーターはニック・ファジーカス、篠山竜青、長谷川技が立て続けにシュートを沈め、25-12と13点をリード。第2クォーターも栗原貴宏の10得点などで順調に点差を広げ、51-26と圧倒する。

 しかし、第3クォーターはSR渋谷のロバート・サクレ、広瀬健太を中心に攻めこまれ、終了間際にはアイラ・ブラウンのダンクで72-61と11点差まで詰め寄られる。それでも、最終クォーターは篠山のアウトサイドシュートなどから得点を積みあげ、最終スコア98-82で勝利。SR渋谷を相手に2連勝した川崎が、セミファイナル進出を決めた。

【試合結果】
川崎ブレイブサンダース 98-82 サンロッカーズ渋谷

BASKETBALL KING