ここから本文です

多摩川のさきっちょに何がある? マップ無料配布

5/14(日) 15:36配信

カナロコ by 神奈川新聞

 川崎市教育委員会は15日から、多摩川と川崎の歴史をまとめた町歩きマップ「川崎-多摩川のさきっちょ物語」を無料配布する。

 冊子はA5判のカラー刷り18ページ。多摩川や河口の変化に伴って発展した同市の歴史を五つのストーリーに沿ってまとめた。史跡や文化財の場所を示した地図とともにそれぞれの簡単な説明も添えた。

 「世界に肩を並べる港湾・工業都市を目指して」では、産業発展の礎を築いた臨海部の埋め立てを説明する一方で、海浜部でのノリ養殖や川下流部での果実栽培の歴史に触れた。

 そのほか「海中新田開発に挑んだ池上幸豊」「多摩川治水のための戦い」などのストーリーに関連付けて市内各地の文化財を紹介している。

 企画・編集は市文化財課と、市教委が養成した市文化財ボランティア登録者の有志10人が手掛け、半年間かけて学習会やフィールドワークを重ねて作成した。

 同課は「夏休みの自由研究やシニア世代の生涯学習の場まで幅広い世代に活用してもらえれば」と話している。5千部を発行し同課や各区役所で配布する。問い合わせは、同課電話044(200)3305。