ここから本文です

SBK第5戦イモラレース1/マシン炎上で赤旗もレースはデイビスがポール・トゥ・ウイン

オートスポーツweb 5/14(日) 10:45配信

 スーパーバイク世界選手権(SBK)第5戦イモラ(イタリア)は、イモラサーキットで予選スーパーポールとレース1が行われ、レース1は、チャズ・デイビス(ドゥカティ)が優勝した。

【画像】転倒し炎上したユージーン・ラバティのマシン

 デイビスは2回のフリー走行総合トップでスーパーポール2に進出。フリー走行総合11番手以下のライダーで行なわれたスーパーポール1でステファン・ブラドル(ホンダ)とロレンツォ・サバドーリ(アプリリア)のふたりが勝ち上がり、スーパーポール2は計12名のライダーで、気温22度、路面温度36度のドライコンディションで争われた。

 デイビスは1回目のアタックで1分46秒601を記録してトップに立つと、2回目のアタックでは計測1周目に1分45秒792とタイムを更新。さらに2周続けてアタックを続行すると、1分45秒662のファステストラップを記録して、第3戦アラゴン以来となる今シーズン2回目のポールポジションを獲得した。

 2番手に1分45秒694でトム・サイクス(カワサキ)、3番手に1分45秒986でジョナサン・レイ(カワサキ)が続き、セッション終盤まで3番手につけていたレオン・キャミア(MVアグスタ)は最後にサイクス、レイに逆転されて1分46秒434で4番手とフロントロウを逃した。

 5番手に1分46秒610でマルコ・メランドリ(ドゥカティ)、6番手に1分46秒617でユージン・ラバティ(アプリリア)、7番手に1分46秒915でチャビ・フォレズ(ドゥカティ)、8番手に1分47秒516でレアンドロ・メルカド(アプリリア)、9番手に1分47秒685でマイケル・ファン・デル・マーク(ヤマハ)の順で続き、スーパーポール1からスーパーポール2に進出したサバドーリは1分47秒854を記録して10番手に浮上。アレックス・ロウズ(ヤマハ)が1分47秒888で11番手に後退し、ステファン・ブラドル(ホンダ)は1分48秒518で12番手だった。

 予選後には決勝レース1がスタート。ポールポジションから好スタートを切ったデイビスは、1周目を終えて2番手以下に約1秒のリードを取ると、その後も周回ごとにリードを広げてトップを独走する。

 レース中盤を過ぎ、デイビスが13周目に入ったところで、後方で8番手争いを展開していたアレックス・ロウズ(ヤマハ)とユージン・ラバティ(アプリリア)がコース終盤の17コーナーで接触。コントロールを失ったラバティが18コーナーで転倒し、マシンはそのままコンクリートウオールに直撃、炎上したことから赤旗中断となり、12周目のコントロールライン通過順位で成立となった。

 デイビスはドゥカティのホームレースでシーズン2勝目を記録。チャンピオンシップリーダーのジョナサン・レイ(カワサキ)が2位に続き、3位にマルコ・メランドリ(ドゥカティ)が入賞した。5番グリッドからスタートしたメランドリは、好スタートで2番手に浮上。ラバティとのワンツー体制でレース序盤をリードするが、5周目の14コーナーでレイがメランドリを交わして2番手に浮上した。メランドリは終盤にはトム・サイクス(カワサキ)に接近されるが、ポジションを守って表彰台を獲得した。

 4位にサイクス、5位にチャビ・フォレズ(ドゥカティ)、6位にレオン・キャミア(MVアグスタ)が入賞。マイケル・ファン・デル・マーク(ヤマハ)が7位に続き、赤旗の原因となったロウズとラバティの接触は審議対象となったものの、レーシングアクシデントと判断され、ロウズが8位に入賞。ラバティは12周目のコントロールラインを8番手で通過していたが、リタイア扱いとなった。転倒後、ラバティはすぐに立ち上がったが、チェックのため、メディカルセンターに運ばれた。

 9位にロマン・ラモス(カワサキ)、10位にステファン・ブラドル(ホンダ)の順で続き、ニッキー・ヘイデン(ホンダ)は13番グリッドからレース1に臨んだが、4周を終えてピットに戻り、リタイアに終わった。

■SBK第5戦イモラ レース1順位結果
Pos./No./Rider/Team/Machine/Time/GAP
1/7/C.デイビス/Aruba.it レーシング-ドゥカティ(Ducati 1199 Panigale R)/21'21.371
2/1/J.レイ/カワサキ・レーシング・チーム(Kawasaki ZX-10R)/6.696
3/33/M.メランドリ/Aruba.it レーシング-ドゥカティ(Ducati 1199 Panigale R)/9.287
4/66/T.サイクス/カワサキ・レーシング・チーム(Kawasaki ZX-10R)/9.913
5/12/X.フォレズ/バーニーレーシングチーム(Ducati Panigale R)/16.142
6/2/L.キャミア/MVアスグタ・レパルト・コルセ(MV agusuta 1000 F4)/21.914
7/60/M.ファン・デル・マーク/パタ・ヤマハ・オフィシャルWSBKチーム(Yamaha YZF R1)/24.634
8/22/A.ロウズ/パタ・ヤマハ・オフィシャルWSBKチーム(Yamaha YZF R1)/25.792
9/40/R.ラモス/チームカワサキ・ゴー・イレブン(Kawasaki ZX-10R)/34.035
10/6/S.ブラドル/レッドブル・ホンダ・ワールド・スーパーバイクチーム(Honda CBR1000RR)/34.585
11/15/A.デ・アンジェリス/ペデルチーニ・レーシング・SC-プロジェクト(Kawasaki ZX-10R)/39.857
12/32/L.サバドーリ/ミルウォーキー・アプリリア(Aprilia RSV4 RF)/40.639
13/88/R.クルメナヒャー/カワサキ・プッシェティ・レーシング(Kawasaki ZX-10R)/43.089
14/35/R.デ・ロサ/Althea BMWレーシングチーム(BMW S1000 RR)/43.56
15/86/A.バドビーニ/グリッリーニ・レーシング・チーム(Kawasaki ZX-10R)/47.289
16/37/O.ジェゼック/グリッリーニ・レーシング・チーム(Kawasaki ZX-10R)/50.389
-/50/E.ラバティ/ミルウォーキー・アプリリア(Aprilia RSV4 RF)/25.001(リタイア)
-/84/R.ルッソ/グアンダリニ・レーシング(Yamaha YZF R1)/6Laps(リタイア)
-/69/N.ヘイデン/レッドブル・ホンダ・ワールド・スーパーバイクチーム(Honda CBR1000RR)/8Laps(リタイア)
-/36/L.メルカド/IODAレーシング(Aprilia RSV4 RF)/9Laps(リタイア)
-/81/J.トーレス/アルシアBMWレーシングチーム(BMW S1000 RR)/スタートできず




[オートスポーツweb ]

最終更新:5/14(日) 13:18

オートスポーツweb