ここから本文です

マクラーレン・ホンダのバンドーン、F1パワーユニットのエレメント交換で最後尾スタートに

オートスポーツweb 5/14(日) 20:51配信

 スペインGP決勝でマクラーレン・ホンダのストフェル・バンドーンがグリッド降格ペナルティを受けることが決まった。パワーユニットのエレメント交換を行ったためだ。

フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)は予選7位を獲得

 日曜朝にセンサーの問題が検出されたといわれており、ホンダはエナジーストアとコントロールエレクトロニクスの交換を行った。それぞれ5基目が投入され、5グリッドずつ、合計10グリッドの降格が科されることになった。

 バンドーンは予選19位だったため、グリッド最後尾に落ちることになる。チームメイトのフェルナンド・アロンソは7番グリッドからスタートする。   

[オートスポーツweb ]

最終更新:5/14(日) 20:53

オートスポーツweb