ここから本文です

連勝を達成した川崎、アウェイで勝ち点3獲得…磐田は5試合ぶりの黒星

5/14(日) 16:56配信

SOCCER KING

 2017明治安田生命J1リーグ第11節が14日に行われ、ジュビロ磐田と川崎フロンターレが対戦した。

 リーグ戦2番目に失点数が少ないホームの磐田は、3-4-2-1の布陣。一方、中村憲剛が復帰した川崎は、4-2-3-1の布陣で試合に挑んだ。

 ホームの磐田が先にチャンスを作る。4分、川又堅碁が相手DFを背負いながらスローインのボールを受け反転、シュートを放つもGKチョン・ソンリョンの正面に飛んでしまう。直後の6分、櫻内渚がこぼれ球に反応しダイレクトシュート。このシュートは惜しくもバーに阻まれて、得点することができない。

 39分、川崎にチャンス。相手のパスミスからエドゥアルド・ネットが、ふわりと浮かせたボールをDFラインとGKの間に送る。小林が反応したが、GKカミンスキーが落ち着いて処理した。今度は磐田にチャンスが訪れる。42分、川又が右サイドの敵陣中央から、低い弾道のクロスに反応。ダイレクトでシュートを放つも、枠をとらえられない。両チームともに得点を奪うことができずに、前半を折り返す。

 後半開始早々、試合が動く。川崎の小林が、中村憲剛とのワンツーから突破し、阿部浩之へパスを送る。阿部はGKとの1対1を冷静にシュート。これがゴールに決まり、先制に成功する。

 さらにアディショナルタイム1分、途中交代で入った長谷川が追加点を決め試合を決定づける。試合はこのまま終了。川崎がアウェイの地で勝ち点3をもぎ取った。

 川崎は次節、19日にアウェイで鹿島アントラーズと対戦。磐田は20日、ホームで柏レイソルと対戦する。

 【スコア】
ジュビロ磐田 0-2 川崎フロンターレ

【得点者】
0-1 51分 阿部浩之(川崎)
0-2 90分+1分 長谷川竜也(川崎)
 

SOCCER KING

最終更新:5/14(日) 17:20
SOCCER KING