ここから本文です

モウリーニョ、デ・ヘア移籍の準備を進める? 控えGKを正GKに据える案も

5/14(日) 18:01配信

SOCCER KING

 マンチェスター・Uに所属するスペイン代表GKダビド・デ・ヘアは、レアル・マドリードへ移籍する可能性が高まっているようだ。イギリス紙『メトロ』が13日付で報じた。

 同メディアによると、14日に行われるプレミアリーグ第37節のトッテナム戦が、マンチェスター・Uでのラストマッチになる可能性があるという。また、マンチェスター・Uのジョゼ・モウリーニョ監督はすでに、デ・ヘアが移籍した時に備えて、GKの人選を行っているという。後釜に据えるのは、現在セカンドキーパーに甘んじているアルゼンチン代表GKセルヒオ・ロメロか、20歳のポルトガル人GKジョエル・カストロ・ペレイラの二者択一だと予想。

 モウリーニョ監督はヨーロッパリーグでロメロを起用、そのプレーぶりにある程度納得しているようだ。また、ペレイラに関して「ペレイラはファンタスティックだ。残りのリーグ戦、彼を使うチャンスがあるといいね。私は彼と共にプレーしてみたい」とコメント。

「私たちは3人の優秀なGKが必要だ。私たちはすでに二人の経験豊富なGKを持っているよ。デ・ヘアとロメロだ。さらにポルトガルでナンバーワンの若手GKもいる。これは素晴らしいことだ」と語り、デ・ヘアの移籍には言及しなかった。

SOCCER KING

最終更新:5/14(日) 18:01
SOCCER KING