ここから本文です

久保が追撃弾もヘントは勝ち越し点奪えず…3試合勝利なしで逆転優勝が遠のくドロー

5/14(日) 23:25配信

SOCCER KING

 ジュピラー・プロ・リーグ・プレーオフ1第7節が7日に行われ、日本代表FW久保裕也が所属するヘントとシャルルロワが対戦した。久保は8試合連続で先発出場を果たしている。

【動画】豪快ボレーの岡崎にチーム最高タイの評価…地元紙「ワールドクラス」

 負ければ優勝の望みが絶たれてしまうヘント。24分にシャルルロワのクレマン・タンモンが一発退場となり、数的有利となる。しかし、28分にエネス・サグリクのFKが決まり、一人少ないシャルルロワが先制に成功する。

 1点のビハインドとなったヘントは38分、ダミアン・マルクがエリア内でハンドを犯しPKを獲得する。このPKを久保が落ち着いて決め、ヘントが同点に追いつく。久保はヘント加入後15試合で10得点目となり、得点を二桁に乗せた。前半は1-1で折り返す。

 後半開始早々の48分、ヘントは左サイドからのクロスに中央の久保がコントロールからシュートを放つが、クロスバーに阻まれた。その後も一人多いヘントがポゼッション、シュート数でシャルルロワを上回るが、最後まで勝ち越し点を奪うことができずタイムアップ。

 試合は1-1で終了。ヘントは数的有利を生かせず、逆転優勝に向けて痛いドローとなった。

 次戦、ヘントはズルテ・ワレヘムと、シャルルロワはアンデルレヒトと、それぞれホームで対戦する。

【スコア】
ヘント 1-1 シャルルロワ

【得点者】
0-1 28分 エネス・サグリク(シャルルロワ)
1-1 40分 久保裕也(ヘント)

SOCCER KING

最終更新:5/14(日) 23:37
SOCCER KING