ここから本文です

目覚めた浦和…3戦ぶりゴールから一気の6発!! 守備崩壊の新潟は4連敗

ゲキサカ 5/14(日) 16:00配信

[5.14 J1第11節 新潟1-6浦和 デンカS]

 J1リーグは14日に第11節を開催し、デンカビッグスワンスタジアムではアルビレックス新潟と浦和レッズが対戦。前半2分に新潟に先制点を奪われた浦和だったが、同5分に同点に追い付くと攻撃陣が爆発。前半だけで5点を奪うと、後半にも1点を加点して6-1で大勝した。

 11日に、休養していた三浦文丈前監督の辞任と呂比須ワグナー氏の新監督就任の内定を発表し、呂比須氏が正式に新監督の座に就くまでは片渕浩一郎コーチが監督代行として指揮を執る新潟が、いきなり試合を動かす。前半2分、右サイドから切れ込んだMF加藤大が左足でクロスを送ると、ゴール前のFW鈴木武蔵がDF遠藤航に競り勝って放ったヘディングシュートがループ気味にゴールマウスに収まり、スコアを1-0とした。

 2試合連続完封負け中の浦和は、早い時間帯で先制を許すことになったが、すぐさま同点に追い付く。前半5分、DF槙野智章のスルーパスからPA内に進入したFWラファエル・シルバがシュート性のクロスを送ると、ゴール前でフリーになったFW武藤雄樹が蹴り込んでスコアを1-1とした。さらに同20分、右サイドからDF宇賀神友弥が送ったグラウンダーのクロスをフリーのFW興梠慎三が合わせてネットを揺らし、逆転に成功した。

 攻撃の手を緩めない浦和は前半31分、MF柏木陽介が蹴り出したFKからフリーになった槙野が、飛び出したGK大谷幸輝よりも先に右足で合わせてゴールを陥れ、リードを2点差に広げる。だが同33分に浦和をアクシデントが襲い、R・シルバが負傷してピッチを離れると、同34分にFW高木俊幸が投入された。しかし同43分、柏木の蹴り出したCKが新潟のオウンゴールを誘って4点目を記録すると、同アディショナルタイムにはカウンターから最後はMF関根貴大が蹴り込んで前半だけで5点を奪取した。

 5-1と浦和がリードして後半を迎えると、後半2分に柏木のCKを遠藤が鈴木と競り合い、こぼれ球に遠藤自らが反応して右足でねじ込み、浦和が6点目を記録。その後も攻勢を掛け、後半15分には槙野、同19分には武藤がゴールを脅かしたものの、ともに大谷に阻まれてしまう。

 一方の新潟は後半28分、FW山崎亮平が左サイドから送ったパスを受けたMFチアゴ・ガリャルドがミドルレンジから狙うも、強烈なシュートはクロスバーに弾かれてしまう。さらに同38分には高い位置でボールを奪ったDF堀米悠斗がFWホニに送ったスルーパスの流れからゴール前が混戦になると、最後は堀米が決定機を迎えたがシュートは枠上に外れてしまった。

 その後も新潟の反撃を許さなかった浦和が6-1で大勝。3試合ぶりの白星を獲得して連敗を2でストップさせた。一方の新潟は4試合ぶりの得点を記録したものの、4連敗を喫した。

最終更新:5/14(日) 16:06

ゲキサカ