ここから本文です

[関東]ジャーメインが2発の活躍!流経大は日体大に5発逆転!4連勝で首位浮上

5/14(日) 18:58配信

ゲキサカ

[5.14 関東大学L第5節 日本体育大1-5流通経済大 味フィ西]

 第91回関東大学リーグ1部の第5節が14日に行われ、味の素フィールド西が丘の第1試合では流通経済大が日本体育大に5-1の逆転勝利を収めた。開幕黒星スタートとなったが、これで4連勝。前日行われた試合で首位・順天堂大が引き分け、第2試合の筑波大も足踏んだことで首位に浮上した。

 前節で待望の今季初勝利をつかんだ日本体育大。前節で今季初先発したCBンドカ・ボニフェイス(4年=浦和東高)が2戦連続の先発出場を果たし、MF輪笠祐士(4年=FC東京U-18)をアンカーに置く4-1-4-1システムを採用。流通経済大は4-2-3-1システムで3トップの中央にFWジャーメイン良(4年=流通経済大柏高)、トップ下にFW森永卓(4年=流通経済大柏高)が入った。

 前半7分に試合は動く。日本体育大が先制に成功した。右サイドから持ち込んだMF渡邊龍(3年=FC東京U-18)の左足ミドルはクロスバーを叩く。それでもこぼれを展開し、左サイドのMF室崎雄斗(4年=武南高)がスルーパス。抜けたFW太田修介(4年=甲府U-18)がGKオビ・パウエル・オビンナ(2年=JFAアカデミー福島)との一対一を冷静に決めた。同15分にも日体大に決定機。左サイドでキープした室崎の浮き球パスをPA内正面の渡邊が胸トラップから振り向きざまにシュートを放つがポスト右へ外れる。

 それでも前半20分に流通経済大が追いついた。DF小池裕太(3年=新潟U-18)のスルーパスに抜けたMF渡邉新太(4年=新潟ユース)がPA手前左で渡邊に倒され、FKを獲得。小池が蹴り入れたボールを正面の渡邉が頭で落とし、最後はゴール前混戦から森永が押し込んだ。1-1と試合を振り出しに戻した。

 一気に勢いづいた流通経済大。同22分には小池の左CKからゴール正面のDF宮内雄希(4年=広島ユース)が折り返し、最後は渡邉がシュート。これはGK福井光輝(4年=湘南工大附高)に弾かれた。それでも同25分についに逆転。小池が左サイドからスピードに乗った突破をみせる。マイナス気味の折り返しをジャーメインが高い打点のヘディングシュート。2-1と勝ち越した。

 その後も果敢に仕掛ける流経大は後半37分、小池がDF福田圭佑(4年=横浜FMユース)をかわして左クロス。ファーサイドの渡邉のヘディングシュートは枠を外れた。追いつきたい日体大だったが後半40分に左サイドから持ち込んだ室崎のシュート、同41分に太田が仕掛けたシュートはいずれもGKオビに弾かれた。前半を2-1で折り返す。

 ハーフタイムに日体大は選手交代。渡邊に代わり、FW平川元樹(3年=札幌U-18)を入れる。それでも流れを変えることはできない。開始直後には平川や太田らがゴール前へ詰め、決定機を迎えたが、ゴールライン上に走り込んでいたDF田中龍志郎(4年=習志野高)に背中でブロックされた。その後は守備の時間が続く。

 すると後半12分に流経大がダメ押しの3点目。左サイドで受けたMF渋谷峻二郎(3年=流通経済大柏高)がドリブルで相手3枚を置き去りに、圧巻の突破をみせると右足シュートでネットを揺らした。3-1と2点差に広げた。同23分には渋谷が右サイドからドリブルで仕掛け、ボニを軽やかにかわす。ファウルを受け、FKを獲得。小池が狙うも枠を外れた。直後に渋谷は交代。代わって、MF新垣貴之(3年=流通経済大柏高)が投入される。

 最後まで攻め手を緩めない流経大は後半42分、渡邉と森永のパス交換で左サイドを崩しにかかると、後方で受けたMF石田和希(4年=流通経済大柏高)が浮き球のクロスをファーサイドへ入れる。これがゴールネットを揺らし、4-1と試合を決定付けた。さらに同44分にはまたも小池のクロスからジャーメインがヘディングシュート。5-1に広げ、エースは交代。代わって、FW星野秀平(4年=流通経済大柏高)が入る。そのまま試合は終了し、流経大が5-1で勝利。4連勝を飾った。

 試合後、流経大の中野雄二監督は「(前日の試合で)順天さんが引き分けたこともありましたし、しっかりと勝って、(暫定勝ち点で並ぶ)2試合目の筑波大にプレッシャーをかけたかった」とにやり。

「勝てば首位に立てる、順位が上がるゲームをしっかりものにしていかないと優勝争いはできない。まだ5節ですけど、“優勝争いをしていくんだ”というなかでは、選手たちにとっては“自分たちは優勝できる可能性があるんだ”と思えるターニングポイントになるゲームだったかなと思います」と首位浮上を喜んでいた。

最終更新:5/14(日) 18:59
ゲキサカ