ここから本文です

広島3カードぶりの勝ち越し、巨人は攻撃陣が沈黙

日刊スポーツ 5/14(日) 16:51配信

<広島8-1巨人>◇14日◇マツダスタジアム



 巨人は1回にマギーの適時打で1点先制。広島は3回に好機をつくり巨人中井の失策の間に田中が生還し同点に追いついた。

【写真】巨人失策で一気に生還する田中(右)。捕手小林。リプレー検証覆らず

 広島は6回に主砲鈴木の8号2ランで勝ち越し。巨人は6回に代打攻勢を掛けるも、2死満塁で無得点に終わった。

 広島は7回にも2点、8回にも3点を加えた。3カードぶりの勝ち越し。九里が自己最多の3勝。巨人は攻撃陣が沈黙した。田口は今季初黒星。

最終更新:5/14(日) 17:08

日刊スポーツ