ここから本文です

清宮、熊本で珍体験 9回2死から前の打者が敬遠 

日刊スポーツ 5/14(日) 11:06配信

<熊本RKK招待高校野球:秀岳館5-1早実>◇14日◇熊本県営藤崎台

 早実・清宮幸太郎内野手(3年)が熊本で「珍体験」した。

【写真】清宮は右中間場外へ高校通算93号本塁打を放ちナインとハイタッチ

 1-5で迎えた9回2死走者なし。2番雪山を迎えた場面で秀岳館・鍛治舎巧監督はマウンドに伝令を送り敬遠を指示したのだ。次打者は3番清宮。捕手が立ち上がるとスタンドを埋めた6000人のファンから拍手も起こった。

 清宮は一瞬、複雑そうな表情を浮かべ打席へ。カウント1-2から4球目の直球を打って一ゴロ。最後の打者となった。

 この日は3打数1安打2四球。3回の第2打席ではプロ注目の148キロ左腕・川端から痛烈な右前安打を放った。

最終更新:5/14(日) 12:59

日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/26(金) 7:15