ここから本文です

早大・小島が2安打7K完封 右足首痛から復活

日刊スポーツ 5/14(日) 14:03配信

<東京6大学野球:早大1-0立大>◇第6週第1日◇14日◇神宮

 早大が投手戦を制し、先勝した。

【写真】清宮の1発に相手捕手びっくり「スイング消えた」

 右足首痛の影響で4月22日以来の登板となった小島和哉投手(3年=浦和学院)が9回2安打1四球7奪三振の好投でリーグ戦初完封。立大に二塁すら踏ませなかった。

 小島は「四死球を無駄に出さないように、テンポよく投げられた。ケガをして1週投げられなかった悔しさと、監督の期待に応えられて良かった。痛みの影響はもうないです」と言った。

最終更新:5/14(日) 14:16

日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/24(水) 15:45