ここから本文です

中日大野「四球で話にならない」サヨナラ満塁被弾

日刊スポーツ 5/14(日) 18:14配信

<ヤクルト5-1中日>◇14日◇松山

 中日大野雄大投手(28)が9回に満塁弾を浴びサヨナラ負けを喫した。

【写真】救援で登板する中日大野

 1-1の9回に2番手に登板。3四球を与えるなど制球を乱し、ヤクルト9番荒木に142キロの内角低め直球を左翼スタンドまで運ばれた。中継ぎでは10日DeNA戦(ナゴヤドーム)以来、2度目の登板となった左腕は「ストライクが入らなくて、四球で、話にならない。足を引っ張ってはダメ」と唇をかみしめた。今季4敗目。

最終更新:5/14(日) 19:00

日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報