ここから本文です

ソフトバンク工藤監督の抗議実らず連勝5でストップ

日刊スポーツ 5/14(日) 20:04配信

<ソフトバンク2-9楽天>◇14日◇ヤフオクドーム

 ソフトバンク工藤公康監督(54)の今季初抗議も実らず、連勝は5で止まった。0-1で迎えた5回、先頭島内が中前打で一気に二塁を狙った。柳田からの返球を受けた今宮が追いタッチでアウトをアピールしたが、判定はセーフ。島内も二塁上で天を仰ぐポーズをしたため、工藤監督は身ぶり手ぶりを交え、二塁塁審に抗議したが、判定は覆らなかった。

【写真】ソフトバンク寺原5回途中KO タカガール悲鳴

 「普段アピールしない選手が珍しくアピールしていたので。(塁審の説明は)足にタッチした時にはもうベースについていたということでした」

 寺原はその後、安打と四球でピンチを広げ、無死満塁から茂木に左翼ホームランテラス席への満塁弾を被弾。試合の流れを決定づける1発となっただけに、今宮も「感覚的にはアウトかなと思ったが、審判の判断なので。アウトに見えるようにもっとしっかりタッチしないとダメですね」と、結果的に満塁弾へとつながったワンプレーを悔しがった。

最終更新:5/14(日) 20:19

日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/26(金) 4:55