ここから本文です

9季ぶり実現「越後の早慶戦」 日本文理が完勝

日刊スポーツ 5/14(日) 21:08配信

<春季高校野球新潟大会:日本文理9-1新潟明訓>◇14日◇準決勝◇長岡市悠久山野球場

 「越後の早慶戦」とも呼ばれるライバル対決が9季ぶりに実現し、昨秋覇者の日本文理が9-1の7回コールドで、昨春王者の新潟明訓に完勝した。

 日本文理は3回に打者一巡の猛攻で大量6点を先制。7回にも3本の適時打で3点を追加し、投げては左腕・新谷晴(2年)と右腕・稲垣豪人(3年)のリレーで宿敵を4安打1失点に抑えた。決勝進出で2季連続制覇に王手をかけた。

 日本文理の大井道夫監督(75)は「(準々決勝まで)打線のつながりが悪かったが、ようやくタイムリーが出てくれた」と、打線の復調を喜んだ。新潟明訓の本間健治郎監督(43)は「簡単にアウトを差し出している」と、2度のけん制死など拙攻を残念がった。

最終更新:5/14(日) 21:08

日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/26(金) 15:15