ここから本文です

食育の意義探る 松山で学会開催、14日まで

愛媛新聞ONLINE 5/14(日) 10:14配信

 中四国では初開催となる「日本食育学会」の学術大会が13日、松山市樽味3丁目の愛媛大農学部で始まった。14日までの日程で、「地域発、食育推進の重要性を考える」をテーマに、全国から集まった研究者、実践者らが食育のあり方や意義を探っている。初日は公開シンポジウムがあり、市民を含め約130人が参加した。

愛媛新聞社

最終更新:5/14(日) 10:14

愛媛新聞ONLINE