ここから本文です

麻生氏、米財務長官との蜜月強調「夫婦関係のよう」-3度目会談

5/14(日) 10:44配信

Bloomberg

麻生太郎財務相とムニューシン米財務長官の3度目の会談は、両者とも協力関係を強調する形で終わった。麻生氏は密月関係について言及し、長官は米の政策に対する理解が深まっていると述べた。

麻生氏は現地時間5月12日の会談後、記者団に「ほとんど意見の不一致とかありません」と語った。「会談はまた会ったなという話で、極めて短時間なんですけどこれはお互いに別に用がなくても会う、夫婦関係に似たようなもんですよ。用がなくても会っとかなしゃーないんだと」と麻生節を披露した。

会談は、先進7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議に合わせ、イタリア南部バリ滞在中に行われた。3月の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では声明文から保護主義についての一文が削除され不安が広がったが、ムニューシン氏は今回の会議で「われわれは保護主義を求めているわけではない」と言及した。

日本の為替や金融政策への批判もなく、日本側を安堵させる結果となった。円は12日終値で、対ドルで113円38銭と先月末と比べ円安方向に進んでいる。

麻生氏は13日の記者会見では、ムニューシン氏について「硬さが取れ、貿易にしても従来と違いはないと明確におっしゃっていただいた」と評価。他の発言についても「極めてタイミング良く、きちっとした説明ができていた」と述べた。

G7財務相・中央銀行総裁会議は同日、通貨の競争的な切り下げを回避することの重要性を強調した声明を発表して閉幕した。声明では、財政政策について「成長と雇用創出の強化のため柔軟に使用されるべきだ」と指摘。世界経済については「回復は勢いを増しているが、成長は依然緩やかだ」とした上で、「リスクのバランスは下方に傾いている」と分析している。

Toru Fujioka

最終更新:5/14(日) 10:44
Bloomberg