ここから本文です

MUFG:法人向け融資を商業銀行に集約、グループ経営強化ー関係者

Bloomberg 5/14(日) 20:16配信

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は、傘下の商業銀行と信託銀行の業務を再編するなどグループ経営の一体化を強化する計画だ。マイナス金利の影響を受けて収益性が伸び悩む中、来春にも法人向け融資を商業銀行に集約する方針。グループ内で業務を分担し、効率化を高めることで収益力を強化する狙いがある。

事情に詳しい複数の関係者によると、MUFGは三菱UFJ信託銀行が持つ取引先数約2600社、約12兆円の法人融資業務の三菱東京UFJ銀行への移管を検討している。住宅ローンなど個人向け業務は両行で別々に取り扱う体制は変わらない方向だ。これらは15日に開く取締役会で諮られる予定。

日銀のマイナス金利によって国内金融機関は融資業務からの収益が悪化。MUFGは融資利息などからなる資金利益の低迷が続いており、比較的に利ざやが高い海外融資を拡大する一方で商業銀と信託銀で重複する法人業務の効率化が課題となっていた。

関係者によれば、法人融資業務から離れる三菱UFJ信託銀は資産の運用と管理業務などの分野で専門性を高める計画。子会社の三菱UFJ国際投信の株式をグループ各社から譲り受けて完全子会社化する案があるという。

今回のグループ内再編により、MUFGは三菱東京UFJ銀が融資業務を、三菱UFJ信託が年金や不動産、証券代行などコンサルティング分野で強みを発揮する体制になる。これに証券や消費者金融などを加えて総合金融グループとして取引拡大と収益増強を目指す。このほか、グループ一体化ではカード業務の三菱UFJニコスをMUFGの完全子会社とすることなども検討。銀行名を「三菱UFJ銀行」とし、「東京」を外す方向で調整に入ったことも明らかになった。

MUFG広報はグループ経営の一体化強化について「さまざまな検討を行っているが、決まったものはない」と述べた。三菱東京UFJ銀への法人融資集約化については日本経済新聞などが先に報じていた。

Shingo Kawamoto, Gareth Allan

最終更新:5/14(日) 20:16

Bloomberg