ここから本文です

牝馬クラシック第2弾オークス&的場文男騎手7000勝に王手/今週の競馬界の見どころ

5/15(月) 7:00配信

netkeiba.com

 今週の目玉は、日曜日に行われる牝馬クラシック第2弾のオークス(3歳・牝・GI・東京芝2400m)。

 1冠目の桜花賞を制したレーヌミノル(牝3、栗東・本田優厩舎)、2着のリスグラシュー(牝3、栗東・矢作芳人厩舎)、3着の2歳女王ソウルスターリング(牝3、美浦・藤沢和雄厩舎)、2番人気12着から巻き返しを狙うアドマイヤミヤビ(牝3、栗東・友道康夫厩舎)などが、東京芝2400mで再び対戦。さらにトライアル組や忘れな草賞組も参戦予定で、樫の女王となるのはどの馬なのか。注目の一戦だ。

 土曜日には京都で平安S(4歳上・GIII・ダ1900m)が行われる。3月15日のダイオライト記念を優勝し、同レースを3連覇したクリソライト(牡7、栗東・音無秀孝厩舎)や、3月30日の名古屋大賞典を勝ってここに臨むケイティブレイブ(牡4、栗東・目野哲也厩舎)など、重賞ウイナーたちが参戦予定。こちらも見逃せない一戦。

 地方では大井所属の的場文男騎手が、史上2人目となる地方通算7000勝に王手。15日・16日は騎乗停止のため、達成は17日以降となる。

 その他、今週の主な見どころ・スケジュール・イベント等は以下の通り。

▼17日(水)
・川崎マイラーズ(SIII・川崎)

▼20日(土)
・平安S(GIII・京都)
・あすなろ賞(M3・盛岡)
・初夏賞(S2・佐賀)

▼21日(日)
・オークス(GI・東京)
・北日本新聞杯(金沢)

▼達成間近の記録
(騎手)
・岩田康誠騎手(JRA・栗東):JRA通算1400勝まであと2勝
・武士沢友治騎手(JRA・美浦):JRA通算300勝まであと1勝
・伊藤工真騎手(JRA・美浦):JRA通算100勝まであと1勝
・的場文男騎手(大井):地方通算7000勝まであと1勝
(調教師)
・藤沢和雄調教師(JRA・美浦):JRA通算重賞100勝まであと1勝
・上原博之調教師(JRA・美浦):JRA通算400勝まであと1勝
・高橋裕調教師(JRA・美浦):JRA通算400勝まであと2勝
・戸田博文調教師(JRA・美浦):JRA通算400勝まであと3勝
・鈴木伸尋調教師(JRA・美浦):JRA通算300勝まであと2勝
・小崎憲調教師(JRA・栗東):JRA通算200勝まであと1勝
・松野勝己調教師(金沢):地方通算1000勝まであと4勝 ほか

※当ニュースの内容は14日時点。

最終更新:5/15(月) 11:36
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ