ここから本文です

中部空港、17年3月期純利益7.8%減 18年通期は増収増益見込む

5/15(月) 8:18配信

Aviation Wire

 中部空港(セントレア)を運営する中部国際空港会社が5月12日に発表した2017年3月期通期の連結決算は、純利益が前期(16年3月期)比7.8%減の41億8500万円だった。訪日客の爆買い沈静化で免税店の売上が前期を下回ったものの、空港事業の伸びなどにより、7期連続で黒字を達成した。2018年3月期通期の見通しでは、純利益は2017年3月期比17.1%増の49億円を見込む。

◆17年3月期

 2017年3月期の売上高は0.8%減の548億1500万円、営業利益は3.6%減の77億300万円、経常利益は5.6%減の64億6200万円。減収減益となったものの、売上高と純利益は過去2番目を記録した。

 売上高の内訳は、着陸料などの空港事業が2.9%増の270億2000万円で、免税店など商業事業が4.9%減の252億7000万円、駐車場など交通アクセス施設事業が6.0%増の25億1000万円となった。

 空港事業は、国際線が前期比4億9000万円増、国内線が9000万円増、その他が1億5000万円増。中国東方航空(CES/MU)の重慶(合肥)線開設やベトナム航空(HVN/VN)のホーチミン線増便、スカイマーク(SKY/BC)による早朝時間帯の那覇線などが奏功した。空港会社の友添雅直社長は、「着陸料の割引制度が貢献した」と説明した。

 商業事業は、爆買い沈静化により、免税店売上が12億7000万円減少。交通アクセス施設事業は深夜早朝便就航などにより、駐車場売上が1億4000万円増えた。

 営業費用は0.3%減の471億1000万円。深夜早朝便対応や設備更新、人件費などが13億円増加したものの、免税店売上の減少などに伴い、仕入れ費用が8億5000万円減少し、減価償却費も5億8000万円減少したことから、費用増を抑えた。

 国際線と国内線を合わせた総旅客数は5%増の1096万1702人。内訳は国際線が523万3409人(7%増)、国内線は572万8293人(4%増)となった。総発着回数は10万1396回(4%増)で、国際線が3万9426回(4%増)、国内線は6万1970回(3%増)だった。

◆18年3月期通期予想

 2018年3月期通期の業績見通しは、売上高が2017年3月期比6.5%増の584億円、営業利益が6.4%増の82億円、経常利益が9.9%増の71億円、純利益が17.1%増の49億円と、増収増益を見込む。

 設備投資については、2017年3月期の60億4000万円を上回る見通し。

 中部には6月2日にエア・カナダ ルージュ(ROU/RV)のバンクーバー線が就航。10月下旬までの夏ダイヤ期間の定期直行便で、最大週4往復運航する。

 友添社長は、「待望の北米西海岸路線で、非常に期待している。エア・カナダが支店を作ったので、乗り継ぎの利便性やカナダの観光をプロモーションしていきたい」と述べた。

 現時点では10月下旬までの運航となることから、友添社長は「冬ダイヤも続くようにしたい。日本でのスキーなど、インバウンド(訪日)もエア・カナダと取っていきたい」と語った。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:5/15(月) 8:22
Aviation Wire