ここから本文です

東芝、17年3月期連結業績見通し発表(全文3)決算手続き、双方とも前向きに

THE PAGE 5/15(月) 19:22配信 有料

監査法人との関係は平行線のままなのか、それとも解消されつつあるのか

司会:当社からのご説明は以上でございます。これより皆さまのご質問をお受けしたいと思います。ご質問のある方、挙手をいただきまして、ご指名をさせていただきまして、係の者がマイクをお持ちしましたらば所属、お名前をおっしゃっていただいてご質問いただければと思います。それでは一番、2列目の右の方、はい。

テレビ東京:テレビ東京の大浜です。社長にお伺いします、今回も正式な決算発表できず、ということなんですけれども、先月と比較した場合に、いわゆる監査法人との関係、溝というのは、平行線のままなのか、それとも解消されつつあるのでしょうか。来月、有価証券報告書の提出も控えていますが、そちらのめどというのは立っていらっしゃいますでしょうか。

綱川:現在、監査法人さんとは、双方とも前向きに決算手続きを進めようということで、協力関係、協調してやろうということで話しております。

テレビ東京:先月もお伺いしましたけれども、現状でもやはり上場基準は満たしているというふうにお考えでしょうか。

※一部、判別できない箇所がございますことをご了承ください。本文:9,867文字 この記事の続きをお読みいただくには、THE PAGE プラスの購入が必要です。

  • 通常価格:
    648円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    540円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:5/20(土) 6:05

THE PAGE