ここから本文です

ピーター・バラカン監修〈LIVE MAGIC!〉、第1弾アーティストにSoulive、民謡クルセイダーズら決定

CDジャーナル 5/15(月) 19:11配信

 ピーター・バラカンが監修を務める音楽フェス〈Peter Barakan’s LIVE MAGIC!〉が10月21日(土)・22日(日)の2日間に亘り東京・恵比寿ガーデンプレイスのガーデンホール / ガーデンルームにて開催決定。第1弾出演アーティストが発表され、公式サイトでは2日通し券の早割先行予約が受付スタート。

 出演アーティスト第1弾として発表されたのは、黄金時代のファンクにジャズの感覚を持ち込んだソウル・ジャズ・オルガン・トリオSOULIVE、昨年末に発表した『String Theory』がビルボード・ワールド・チャートで初登場No.1を獲得したアイルランド出身の兄弟2組グループWe Banjo 3、日本民謡とラテンを融合させた10人編成ユニット民謡クルセイダーズ、小原 礼と屋敷豪太のデュオに西 慎嗣が加わったThe Renaissance feat. 西 慎嗣、和歌山・那智勝浦を拠点に活動するギタリスト濱口祐自の全5組。

 監修のピーター・バラカンは「“石の上にも三年”も無事に終わり、若干ほっとしたところもう4年目に突入しました。“今年もやりますよね”とか、“今年こそ◯◯呼んで欲しい”とか、あちこちで声をかけていただくのはLive Magicが少し定着した証拠かなと感じつつ、心に残るいい音楽との出会いを更に多くの方に広げて行きたいです。どうぞお楽しみに!」とコメント。第2弾アーティストは6月上旬の発表が予定されています。

最終更新:5/15(月) 19:11

CDジャーナル