ここから本文です

松伏町長に鈴木氏が初当選

産経新聞 5/15(月) 7:55配信

 任期満了に伴う松伏町長選は14日に投開票され、無所属新人の元町議、鈴木勝氏(62)が4選を目指した無所属の現職、会田重雄氏(72)=自民推薦、公明支持=を破り、初当選を果たした。

 鈴木氏は「人口減にストップを」と訴え、第2子からの学校給食費減免など子育て支援や工業団地誘致などを公約。町議6回当選の実績に加え、保育園経営で培った人脈などを生かし、支持を広げた。

 会田氏は小中学校の大規模改修などの実績を強調。町政の継続を訴えたが、12年ぶりの選挙戦で組織が上滑りし、苦杯を喫した。

 投票率は36・01%で過去最低だった平成17年(46・76%)を下回った。当日有権者数は2万4772人。

                   ◇

 ◇松伏町長選 開票終了

 当   4613鈴木  勝無新 

     4231会田 重雄無現 【自】【公】

最終更新:5/15(月) 7:55

産経新聞