ここから本文です

「天声人語 2017年5月15日」

朝日新聞デジタル 5/15(月) 7:00配信 有料

 核兵器が何者かに奪われるというのは、サスペンス映画には格好の題材だろう。1990年代の米国の作品「ピースメーカー」では、冷戦終結に伴い解体に回されるロシアの核弾頭が、輸送中に狙われる。黒覆面の男たちが貨物列車から強奪する▼映画で怖いのは、弾頭の心臓部分を取り出すとリュックサックにすっぽり収まることだ。首謀者はニューヨーク中心部で爆発させようと、街を歩いていく。大国による軍拡競争がもたらした殺戮(さつりく)兵器が、市民に牙をむこうとする▼奪われたのは核兵器ではないが、こちらは現実である。この何日か、大規模なサイバー攻撃が世界各地で起きた。……本文:1,158文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:5/15(月) 7:00

朝日新聞デジタル