ここから本文です

【ナイスミドル】46歳対決は川辺がKO勝ちで初防衛

5/15(月) 18:19配信

イーファイト

「NICE MIDDLE 35」(5月14日 東京・新宿FACE)

▼ファイナル(第19試合)NICE MIDDLEミドル級タイトルマッチ 2分3R
“千代田の暴君”
○川辺克実(46歳/PHOENIXファンキーガッツメン/理化学用研究機器製作卸)
KO 1R 1分05秒 ※右ストレート
“熱海の守護神”
●KIYOSHI(46歳/熱海 武士道一嘩/製造業)
※川辺が初防衛に成功。

【フォト】陸上自衛官はラーメン店主をKO

 2008年に旗揚げした35歳以上の中高年世代を対象にしたキックボクシングイベント『NICE MIDDLE(ナイスミドル)』。参加希望者が年々増え続け、いまや中高年世代の注目イベントに成長。今大会で35回目を迎えた。

 今回は、歯科医師、ハイヤー運転手、社労士、トラックドライバー、理容師、銀行員、行政書士、主婦、OL、大工、バーテンダーなど、さまざまな職業の中年男女ファイター38名が熱い戦いを見せ、ファイナルではNICE MIDDLEミドル級タイトルマッチが行われた。

 理化学用研究機器の製作卸会社に勤務する46歳の王者・川辺は今回が初防衛戦。フィルム製造業に携わる、同じく46歳の挑戦者KIYOSHIはナイスミドル参戦以来無傷の4連勝中。念願のタイトルマッチだ。

 1R、距離を取りながら、時計と反対周りに回るKIYOSHI。川辺は右ローで距離を計る。パンチの距離になると打ち合いになり、川辺の右ストレートが続けざまにヒットしたところでレフェリーがスタンディングダウンを取る。

 再開後もパンチの打ち合いが続き、川辺の右ストレートがKIYOSHIのアゴをとらえ、身体が崩れたところでレフェリーが試合を止めた。川辺はKOで初防衛に成功した。

最終更新:5/15(月) 18:19
イーファイト