ここから本文です

本に囲まれ至福の一夜 書籍3800冊新潟にゲストハウス

5/15(月) 10:26配信

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 本に囲まれて泊まるユニークなゲストハウス(宿泊施設)が、新潟駅から歩いて数分の新潟市中央区弁天3にオープンした。用意した書籍は小説、漫画など約3800冊に上る。経営する夫婦は、外国人観光客や地元の人たちが読書を楽しみながらくつろぎ、交流する場にしたい、と張り切っている。

 ゲストハウスの名前は「BOOK INN(ブックイン)」で、4月末に開業した。近くで英会話教室を営むグレッグ長谷川さん(51)と妻あおいさん(43)が、雑居ビルの4階を改装した。

 木製の本棚には日本語や英語の小説、雑誌、漫画などがずらり。本棚の奥はカプセルホテルのような個室空間になっており、ベッドが28床ある。食事は提供しないが、飲食物の持ち込みは自由。本はベッドやラウンジで読むことができる。

 グレッグさんは米ハワイ出身の日系3世で、新潟市に移住して20年余り。訪日観光客が増える中、比較的安い宿を求める外国人の需要に応え、県内の人も交流できる場をつくりたいと、開業を思い立った。

 自ら内装をデザインし、ホームセンターで買った木材で本棚などを製作した。本は友人や英会話教室の生徒から寄付を受けたり、古本店から仕入れたりした。英語を話せるスタッフを24時間体制で置く。大型連休は欧米や韓国などの観光客でにぎわったという。

 グレッグさんは「訪れた外国人には新潟の海や食、そしてシャイだけどフレンドリーな人の良さを伝えたい」と笑顔を見せる。あおいさんも「多くの人が会話する憩いの場にしたい。英語を学びたい地元の人も利用してほしい」と話す。

 宿泊は1泊2500円から。日中にシャワーとベッドルームを利用できるプランもある。

 問い合わせはブックイン、025(290)7322。