ここから本文です

優作、日本プロV 三大大会初の制覇

5/15(月) 6:30配信

琉球新報

 第85回日本プロゴルフ選手権大会日清カップヌードル杯は14日、名護市のかねひで喜瀬カントリークラブ(7217ヤード、パー72)で最終日を行い、単独2位の6アンダーで最終ラウンドに臨んだ宮里優作が12アンダーまでスコアを伸ばし、逆転優勝した。中日クラウンズに続いてツアー2試合連続優勝、国内三大大会を初制覇した。宮里は優勝賞金3千万円と来季から5年のシードを獲得した。
 宮里は通算5勝目。自身初の年間複数回優勝となった。これで今季の賞金ランキングはトップに躍り出た。宮里は「沖縄の人たちの応援のおかげでリラックスして回れた。兄も藍ちゃんも沖縄で優勝しているのに自分がしていなかったから勝ちたかった。本当にうれしい」と語った。
 宮里は最終ラウンドを首位の谷口徹に2打差の6アンダーでスタートした。1番、2番を連続バーディーでスタートすると、4番のバーディーで谷口を抜き単独トップとなった。前半を6バーディー1ボギーとバーディーラッシュでスコアを伸ばした。後半も、安定したショットを見せ、12番と13番でバーディー、14番で一つ落としたものの、トータル12アンダーまでスコアを伸ばした。
 3打差の2位はブラッド・ケネディ(オーストラリア)、第3ラウンドまで首位を守った谷口と、小平智が通算8アンダーで3位となった。
 地元開催でのメジャー大会に、好位置で最終日を迎えた宮里。最終ホールでは「お帰りー」の声援の中、優勝パットを決め、カチャーシーを踊って喜んだ。

琉球新報社

最終更新:5/15(月) 6:30
琉球新報