ここから本文です

「野良着」かっこいいべ 水戸で高校生・農家がショー

茨城新聞クロスアイ 5/15(月) 8:00配信

NHK連続テレビ小説「ひよっこ」放映にちなみ、県内高校生と若手農家がコラボレーションしたファッションショー「NORAGI CONTEST」が14日、水戸市笠原町の県庁講堂で開かれた。デザイナーや農家の担い手を目指す“ひよっこ”たちがオリジナルの農作業着を通して、農業の魅力をPRした。最優秀賞のグランプリには大成女子高が輝いた。

同イベントは、NHK水戸放送局、JA県中央会、県が主催。本県の誇る農業の魅力発信につなげようと企画し、県内7高の生徒と若手農家たちで構成する7組が参加。ひよっこ出演者の佐久間由衣さんと泉澤祐希さんも審査員として駆け付けた。

農作業時に着用する野良着は、生徒たちが実際に農作業を体験した上で制作。本県特産のメロン、サツマイモなど7品目を生産している各若手農家がモデルを務めた。ファッションショーでは、農作業体験の様子や制作過程、若手農家たちの日常も映像で紹介され、工夫を凝らした野良着やステージパフォーマンスに約330人の観覧者から大きな拍手が送られた。

大成女子高は、大子町のリンゴ農家、椎名貴広さん(31)とコラボし、紺を基調とした機能性の高い野良着を制作。妻有紗さん(29)と切れのあるダンスを披露し、動きやすさやデザイン性の高さをアピールした椎名さんは「自分たちの要望をしっかり取り入れてくれて120点の出来」と納得の表情。

同校家政科2年、桜井春香さん(17)は「機能性とデザイン性を両立した野良着を作れた。すごくうれしい」と笑顔を見せた。イベントの様子は19日に放送予定。 (松崎亘)

茨城新聞社

最終更新:5/15(月) 13:01

茨城新聞クロスアイ