ここから本文です

<1面コラム>漫画で外国人誘客

伊豆新聞 5/15(月) 15:25配信

 14日に初日を迎える大相撲夏場所。横綱稀勢の里の化粧まわしが話題を集めている。人気漫画「北斗の拳」に登場するキャラクターをデザイン。一相撲ファンとして土俵入りが楽しみだ

 ▼クール・ジャパンという言葉が使われ始めてから随分たつ。日本独自の文化が海外で高い評価を受けている現象、またはその文化を指す言葉。今では幅広い分野で使われるようになったが、当初は漫画やアニメ、ファッションなどが代表格だった

 ▼伊豆箱根鉄道は修善寺温泉への外国人観光客誘致を目指し、漫画を使った取り組みを始めた。知徳高とタッグを組み、生徒が描いたキャラクターで4こま漫画を制作。修禅寺、独鈷の湯、指月殿、達磨山など修善寺の見どころを紹介している。今後は英語表記の漫画も作り、外国人観光客に配布する計画という

 ▼生徒たちが描いた作品は3月の約2週間、駿豆線車内にも掲出した。取り組みを知った伊豆市観光協会修善寺支部は15日まで、同温泉内のギャラリーで作品展を開催中。生徒たちに感謝状も贈った

 ▼伊豆市には「伊豆乃四姉妹」という、外国人にも受けそうなキャラクターもある。知名度はいまひとつだが、これから“活躍の場”を広げてほしい。

最終更新:5/15(月) 15:25

伊豆新聞