ここから本文です

松山英樹が日本人初世界ランク3位に浮上!最高位更新し快挙達成

5/15(月) 15:17配信

ゴルフ情報ALBA.Net

「ザ・プレーヤーズ選手権」終了時の男子世界ランキングが更新され、松山英樹がジェイソン・デイ(オーストラリア)をかわして世界ランキング3位に浮上した。日本人が世界トップ3に入るのは史上初。これまでは自身と中嶋常幸の4位が最高だった。

【PGAツアー動画】松山英樹インタビュー 「最後の8ホールだけは良かった」

松山は第5のメジャーと呼ばれる「ザ・プレーヤーズ選手権」でトータルイーブンパーの22位タイでフィニッシュ。デイは60位タイに終わり、0.0936ポイント差で3位が入れ替わった。1位はダスティン・ジョンソン(米国)、2位はローリー・マキロイ(北アイルランド)と変動はなかった。同大会22位タイだった池田勇太は50位となった。

国内男子メジャー「日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯」で地元優勝を果たした宮里優作は前回の141位から104位にランクアップを果たしている。

【男子世界ランキング】
1位:ダスティン・ジョンソン(13.32pt)
2位:ローリー・マキロイ(8.50pt)
3位:松山英樹(7.70pt)
4位:ジェイソン・デイ(7.61pt)
5位:セルヒオ・ガルシア(7.22pt)
6位:ジョーダン・スピース(7.21pt)
7位:ヘンリック・ステンソン(7.19pt)
8位:ジャスティン・ローズ(5.47pt)
9位:アダム・スコット(5.41pt)
10位:リッキー・ファウラー(5.34pt)

50位:池田勇太(2.52pt)
56位:谷原秀人(2.38pt)
104位:宮里優作(1.39pt)
113位:小平智(1.33pt)
136位:石川遼(1.15pt)

(撮影:GettyImages)<ゴルフ情報ALBA.Net>