ここから本文です

小川、2トップ相棒・久保と勝利の“方程式”「いい形でできている」

サンケイスポーツ 5/15(月) 7:00配信

 サッカー・U-20日本代表合宿(14日、静岡・御前崎市内)U-20(20歳以下)W杯(20日開幕、韓国)に出場する日本代表は、15日のホンジュラスとの国際親善試合に向けて紅白戦など約1時間の練習を行った。15歳でメンバー入りしたFW久保建英(たけふさ)=FC東京U-18=は、FW小川航基(19)=磐田=と主力組の2トップでプレーした。

 「自分のゴールでチームを勝たせたい。久保くんの特徴もだいぶ把握できて、いい形でできている」と小川。自身が所属する磐田との練習試合(12日)で1得点を挙げたエースは、久保とのコンビネーションに手応えをにじませた。

 神奈川有数の進学校としても有名な桐光学園高出身の小川はピッチ外でも、「『(数学の三角比)サイン、コサイン、タンジェントはもう習った?』とか学校(高校)生活の話をしてます」と高1の久保に声をかける。「力の発揮しやすい環境をつくってあげることも年上の責任だと思う」。天才少年と2人でゴールを量産し、勝利の方程式を解く。

最終更新:5/15(月) 8:47

サンケイスポーツ