ここから本文です

担当記者の独断リポート(1) 押さえておきたい定番インディータイトル編【東京インディーフェス 2017】

5/15(月) 13:47配信

ファミ通.com

文・取材:ライター 戸塚伎一

●定番インディーゲームを紹介
 2017年5月14日(日)に東京・UDXアキバ・スクエアにて開催された“TOKYO SANDBOX 2017”内イベント“東京インディーフェス 2017”。今回は、担当記者が独断で選んだ“インディーゲームの魅力やシーンのムードを如実にあらわしていると思われるタイトル”の出展ブースを紹介する。

■魔神少女エピソード3 ほか/INSIDE SYSTEM
 ニンテンドー3DS用横スクロールアクションゲーム『魔神少女』シリーズの開発元である同人サークルINSIDE SYSTEMは、最新作『魔神少女 エピソード3』と、同シリーズの外伝RPG『ブレイブダンジョン』のNintendo Switch版の、プレイヤブルデモを出展。
 『エピソード3』 の開発を手掛けるのは、数々のアーケード移植タイトルなどで実績があるエムツー。INSIDE SYSTEM代表のNAN-A氏(右写真)によれば、今作は、自サークルの開発ライン数の問題により、監修のみでの参加とのこと。「エピソード1、2の要素を踏襲しつつ、エムツーの味が出た作品に仕上がっています」と、年内リリース予定の同作をアピールした。
 東京インディーフェス開催直前に発表されたNintendo Switch版『ブレイブダンジョン』は、そのまま移植したのではおもしろくないということで、まったくの新作『魔神少女COMBAT』とのセットでのリリースに。イベント会場では、シミュレーションRPG的なゲーム性の『魔神少女COMBAT』をいち早くプレイすることができた。同作は今夏リリース予定。

※INSIDE SYSTEM公式サイト

■ピクセルライン DX ほか/Rainy Frog
 海外ゲームの国内パブリッシングなどを行うRainy Frogは、人気のスマートフォン用パズルゲーム『ピクセルラインDX』のNintendo Switch版を大々的にアピール。同じ数字のパネルを、その数字に符合した数のマスでつないでいく……というシンプルなルールながら、ゲーム画面がみっちり埋まっていく感覚が心地よい。出展デモをプレイした限り、ゲーム自体はほぼ完成しているようだった。リリース時期は2017年夏を予定。
 5月31日の配信開始がアナウンスされているプレイステーション4/WiiU用ダウンロード専売ソフト『デッドハウス 再生-』は、30分の制限時間内に屋敷内でのミッションをこなしていくアクションアドベンチャー。1990年代のコンシューマゲーム風の画面&操作性と、プレイごとにレイアウトがランダムで変更されるマップが特徴だ。実際にプレイしてみた感想としては、左右旋回&前進・後退によるレトロな操作システムのままならなさと、どこまでも追いかけてくるゾンビの執念深さが印象的だった。

※Rainy Frog公式サイト

■Airtone/AMG Games
 専門学校アミューズメントメディア総合学園のゲーム開発・パブリッシング事業“AMG Games”は、4月からハウステンボス(長崎県)でVRアトラクションとして導入されているリズムアクションゲーム『Airtone』を出展。画面奥から飛来するノーツに、両手に持ったコーションコントローラーで対応していくさまは、さながら激しい踊りのよう。疾走感ある画面演出(美少女つき)と、ノイジークローク制作のノリノリなサウンドに満たされる感覚はクセになりそうだ。
 同作はHTC Vive、Oculus Rift用ソフトとしてのリリースが予定されている。AMG Gamesでは、今後もVRゲームに注力していくとのことで、今後のラインアップにも期待が高まる。

※AMG Games公式サイト

■Bazookrash ほか/Shinyuden
 “Shinyuden”は、スペイン人ゲームクリエイターと、日本人IT起業家の共同設立会社“Fujiyama Geisha Box”の自社ゲーム開発スタジオ。今回は、クラシックの名曲『ボレロ』の調べをバックに、早朝の大通り(新宿歌舞伎町付近)を暴走する騒音車両をバズーカなどの兵器でぶっ放していく3Dシューティング『Bazookrash』と、攻撃スタイルが異なる男女のキャラクターを切り替えながらフィールドを冒険するアクションRPG『Adel : Path of a Hero』のPCゲーム2タイトルを出展していた。
 Fujiyama Geisha Boxは、海外ゲームのローカライズ事業を展開しつつ、Shinyudenブランドでのコンソールゲーム開発を進めていくとのこと。欧米と日本のゲーム文化が融合した、独自のスタイルのゲームの登場に期待したい。

※Syinyuden公式サイト


■INFINOS外伝 ほか/ピコリンネソフト
 じつの兄弟によるゲーム制作サークル“ピコリンネソフト”は、弟のRyo氏が開発中の横スクロールシューティングゲーム『INFINOS外伝』の、ステージ3まで遊べる最新版デモを展示。完成時期はイベント時点では未定ながら、前作の『Battle Crust』(左写真右のゲーム画面)にひき続きBGMを担当する九十九百太郎氏との共同作業は順調とのこと。

※ピコリンネソフト公式サイト

【東京インディーフェス 2017】関連記事
いよいよ開催! 注目タイトル・ブースを早出し紹介
・ユニークなVRタイトルが盛りだくさん! “VRラウンジ”の注目タイトルをピックアップ
・新機軸のアクションから“辛口”アドベンチャーまで、気になるタイトルを紹介

最終更新:5/15(月) 13:47
ファミ通.com