ここから本文です

泥沼インテル、サポーターたちが途中退席「お前たちは応援するに値しない」

5/15(月) 10:07配信

ISM

 現地時間14日(以下現地時間)に行なわれたイタリア・セリエA第36節の試合で、サッスオーロに1対2と敗れたインテル。今季の成績に不満を持つ一部のサポーターたちは、この試合中に怒りのバナーを掲げ、途中退出していたようだ。英『BBC』が報じている。

 現在7試合未勝利と泥沼に陥っているインテル。状況を打破するため、前週ステファノ・ピオリ前監督を解任しこの試合に臨んだが、相手に2点を先行される苦しい展開に。70分にエデルが1点を返すも、反撃はここまで。本拠地「ジュゼッペ・メアッツァ」のファンの前で敗れ、リーグ戦4連敗となった。

 この試合中には、今季の成績に不満を持つ「ウルトラス」と呼ばれるサポーター約100人が、抗議の意味を込めて25分にスタジアムを後に。その際には「お前たちは応援するに値しない。今日は挨拶をしに来た。我々はランチを取るために退出する」と書かれたバナーを掲げ、不甲斐ないシーズンを送るチームに怒り示した。

最終更新:5/15(月) 10:07
ISM